COLUMN
 

<p>競艇マクールに掲載  キャスター 前田くみ子</p>

<p>競艇マクールに掲載  キャスター 前田くみ子</p>

>>過去記事インデックス

2014年4月号

回転寿司ともうひとつ、守田俊介選手の好きなもの

 “寿司とプロペラは回転が命”
真顔でそう言うんですよ。京都の守田俊介選手が。
 WEB上では、「風雲きもり城」と言うブログでその寿司好きを前面にアピールし、滋賀支部の選手との楽しい(?)一面を随所に紹介。ファンの皆様から愛されるページになっております。
 そんな寿司好きな守田選手が、ある時SGの勝利者インタビューで「寿司とプロペラは回転が命」と言いました。分かる人にしか分からない。うーん(悩)・・・と思って、本人に直撃してみると、「本気で回転寿司が大好き。5日休みがあったら、昼と晩と7回は行く」。もはや、日課を超えた日常。聞けば自分のことを「引きこもり」と表現し、「用事がなければ、ホントにずーっと家にいます。大体パソコンの前に座ってる」と言い、「だから、外に出るために回転寿司に・・・」。ああ、なるほど。でも、なぜ“回転寿司”?「色んなものが流れてきて楽しいから」。なんだか納得してしまいます。確かに色んなものが次から次へと流れてきて、楽しいですよねぇ。最近は寿司だけじゃないですし。「体重の事も考えると、そうたくさんは食べられないし、自分の好きなものを好きな分だけ、残さないで食べられるのは良い」。聞けば聞くほど寿司愛がヒシヒシと伝わってきて、この取材の後はスタッフが帰りがけに寿司を食べて帰ったほど影響力がありました(笑)
 カメラも大好き。最初の頃は一眼レフで撮影していたけれど、最近ではコンパクトデジカメがよき相棒。、撮ったものを自分だけで楽しんでいたけど、フェイスブックやブログに載せるようになって、色んな人からイイネやコメントが寄せられるようになり、そこからWEB上での投稿が活発になっていったんだとか。
 フリーの時間が出来れば寿司屋に行くのを楽しみにしているわけですが、去年の走りっぷりは自他共に認める好走。「いっぱい走ったから疲れました(笑)」。とは言え、最多勝であったり、7点台をキープしている成績であったり、凄い事なんですよ!でも至って本人は「いや、勝率はひとつゲーム感覚。6点台に落ちたら悔しい、って気持ちだけで取りに行ってます」。守田俊介が天才と言われ続けている理由は、こういう枠にとらわれない発想のもと闘い続けているからかもしれない。と、言うか、面白すぎます(笑)

競艇マクールに掲載  キャスター 前田くみ子